本部よりメッセージ

共に歩んでいけるオーナーをさがしています。

ほっかほっか亭ブランド説明

「ほっかほっか亭」フランチャイズビジネスについて

「ほっかほっか亭」は持ち帰り弁当業として永年の経験と研究によって開発した経営ノウハウ・運営システム等で統一され、お客様に安心してご利用いただけるフランチャイズビジネスです。
お客様に安心して繰り返しご利用いただくため、フランチャイズチェーン運営で一番大切なことは「統一性」です。どの店舗を利用しても同じ商品、同じサービスをお客様が受けられ事が必要です。「ほっかほっか亭」は創業より、お客様の信頼を積上げて今日まで発展してまいりました。

「あたたかい嬉しさ」からの始まり

ほっかほっか亭1号店

1976 年(昭和51 年)、当時お弁当は冷たい ものというのが常識でした。季節は冬の真っ最中の寒い朝のこと。とある市場で、冷え切ってしまうのを防ぐ為に、発泡スチロールに入れて販売しているお弁当を買った時、そのお弁当は、ほんのりあたたかさが残っていました。 せいぜい30 度程度だったのでしょうが、何しろ寒い中だから、あたたかいだけでご飯がおいしいと感じたし、とにかくあたたかい嬉しさに頬が緩んだ…

その瞬間「これだ!」と閃きました。

こうして、「温かくておいしい」加えて「安い」をコンセプトに、1976 年(昭和51 年)6 月6 日、埼玉県に『ほっかほっか亭』の第一号店は誕生しました。
その後、フランチャイズシステムを導入し、フランチャイズチェーンとして全国に『ほっかほっか亭』の名が広がることになりました。

わたしたちの信念「ほっかほっか亭の3H」

私たちほっかほっか亭は、創業以来「3H」の信念を守り続けています。
いつも初心を忘れることなく、まじめな気持ちで、できたてのあたたかいお弁当を、まごころを込めてお届けしています。つねにお客様に喜ばれる商品を追求し、たえず感謝の気持ちをもって前向きに行動し続けています。

私たちの信念 ほっかほっか亭の「3H」

中食のリーディングカンパニーとして 更なる価値を創造します。

中食(なかしょく)ビジネスで「ほっかほっか亭」は、いち早くフランチャイズシステムを導入しました。持ち帰り弁当や惣菜などに代表される、 家庭外で調理された食品を、家庭に持ち帰る食事形態『中食』という言葉が生まれる前から。 ライフスタイルや人口構造の変化、働く女性の増加などにより、従来の 家庭内の食事作りの外部化が進むことを察知し、フランチャイズビジネスをつくり上げました。今後も少子高齢化が進み、中食ビジネスは順調に伸び、安定した推移が予測されます。
ほっかほっか亭は、 この中食市場の草創期から現在、また今後もリーディングカンパニーとして、「安心」「安全」を基本としたフランチャイズビジネスを展開し、更なる価値を創造します。

本部と加盟店のパートナーシップ説明

共に発展を目指すパートナーとして

『ほっかほっか亭』フランチャイズビジネスの経営に参加される方々には、本部と加盟店のそれぞれの役割分担が明確化されたなかで運営をします。

ほっかほっか亭事業の役割分担について

本部は、運営ノウハウ・商品開発・販売促進等のシステム整備に多額の投資をし、物流・データ管理・填補し同等、加盟店単独では困難な業務を本部が一手に引き受けます。加盟店は、本部の提供するこれらのシステムを正しく活用し経営を行います。
『ほっかほっか亭』フランチャイズビジネスを経営される加盟店の成功が、当社の成長の源であり、当社の経営努力は加盟店の経営支援となり、パートナーとして共存共栄の関係にあるといえます。

加盟店バックアップ体制

「食の安心・安全・・安定供給のために・・・」

阪神カミッサリー

ほっかほっか亭1号店

阪神カミッサリーは、食品加工センターと物流センターの他、品質管理室中央研究所を中心とした施設が入り、加盟店への 安定的な原材料の供給、 ほっかほっか亭の品質・衛生管理の 中心的な役割を担い、加盟店を バックアップしています。

品質管理室中央研究所

お客様に最高の品質で商品をご提供するため、科学的研究開発を実施しています。その中心機関として1992年に品質管理室中央研究所を設立しました。 HACCP(危害分析重要管理点)※の考えを導入し、原料の仕入れからお客さまの食卓に至るまでの、物流・加工・販売の全ての工程にわたり、食材の品質・衛生状態を詳細に分析、検証しています。 また、生産流通の各工程における検査、店舗・従業員を対象にした検査を徹底させることで、品質管理・衛生管理の強化に努め、お客様に最高レベルの「安全」を提供しています。

※:HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point) 米国NASAで開発された、食品の衛生管理手法のひとつ。

徹底した衛生検査

貝塚精米センター

ほっかほっか亭1号店

ハークスレイでは、自社の精米所で加工されたBG無洗米を使用しています。全ての工程を一貫して管理することで、優良原料米の選定、徹底した品質管理による加工、速やかな供給等を実現。安心と安全をお届けできる体制を整えています。

研修センター

2005年4月より、本社機能と研修施設を統合。

ほっかほっか亭1号店

地上8階建ての「研修センター」として、大阪の中心地梅田で新しいスタートを切りました。
センター内には、厨房やカウンターなど、実際の店舗を再現した研修施設を備えており、FC/FCL/FCS・フレンドオーナーの研修は日々この施設を中心に実施致します。

研修センター 実際の店舗で、研修を行ないます